日本人に向いているダイエットとは?

日本人に向いているダイエット

 

私が体型を気に始めたのは小学生の頃でした。

 

小さい頃から太り気味だったのですが、周りの男子にからかわれ始めて、その事に悩みを抱えるようになり、痩せようと考えて、小学6年生の頃にダイエットをしたのが始めてでした。

 

しかし、小学生の出来るダイエットなんてたかが知れており、無理な食事制限やとにかく走るなどのジョギングをするダイエットをする位でした。一旦は痩せたのですが、中学に入りあっという間にリバウンドしてしまいました。

 

しかも、さらに体重が増えて、さらに悩みました。中学生、高校生と同じような感じで体型に悩みを感じて、ダイエットしてリバウンドの繰り返しでした。

 

社会人になり、好きな人が出来て始めて本気でダイエットしようと考えました。

 

まず始めに食事制限のダイエットをしたのですが、やはり直ぐにリバウンドしてしまいました。筋肉がない為に直ぐ戻ってしまったのかと思って、ダイエット器具で運動しましたが辛くて断念してしまいました。

 

その次にバナナダイエットや白湯ダイエットなどにチャレンジしましたが、なかなか続きませんでした。そこで、基本に帰って生活習慣の見直しとバランスの良い食事をすることに気を付けるようにしました。

 

まずは、朝起きてから就寝までの生活パターンを見直しました。私の場合は、夜更かしして間食している点と車通勤のため全く歩いていないという点が悪い習慣ではないかと考えました。夜は23時までには寝るようにして、出来ることなら22時のゴールデンタイムには就寝する事を心掛けました。

 

ゴールデンタイムは22時から2時の間とされ、この時間帯は新しい細胞ができる時間のため、寝る事を意識しました。すると、朝は自然と目覚めが良くなりました。いつもだとだるさが抜けないので辛い日が続いていましたが、寝るリズムが付くと朝を抜く事も無くなりました。

 

さらに、布団の中で軽いストレッチをしてから起きるようにしました。これは身体を起こす事と代謝を上げる効果があるそうなので、毎日行っています。頭がスッキリするのでオススメです。

 

朝は面倒な時はスムージー、余裕がある時はごはんと味噌汁と納豆などを食べるようにしました。生活リズムを整えるだけで便秘が解消され、暴飲暴食が防げるようななり、生活に余裕が出てきました。

 

あと、取り組んだのは食事内容ですが、三食必ずサラダを食べるようにしていました。作るのが大変なのでスーパーのキャベツの千切りを買うことが多かったです。野菜を食べるこれを意識するだけでもお腹がいっぱいになりやすいのでオススメです。

 

また、ごはん(白米)を食べるようにしていました。理由はやはり日本人に会うのはごはんだと考えたからです。無理があると続かないと思って、土日は好きな物を食べるようにして、お金は掛かりますが、おしゃれなカフェなどで食べるようにしました。

 

やはり、おしゃれなカフェは量が少ないですが、充実感があるのでオススメです。そんな生活を1年つづけて、自然と5キロ落ちていました。ぜひ、単発でダイエットするのではなく、長く続けられるあなたにあったダイエット法を探してくださいね!