青春時代から続いた肥満体型を克服した話です

ファストフード肥満

 

私は高校時代、朝からアイスクリームとパン、お昼前にも揚げ物とパンとジュース、お昼御飯はお弁当+食堂でラーメンとおにぎり、おやつの時にはまた菓子パンとジュース帰宅時にはマクドナルドでポテトのLサイズとハンバーガーとコーラを飲む、夜ご飯ももちろんしっかり食べ、夜食にスナック菓子をむさぼる。そんな暴飲暴食な生活をほぼ毎日繰り返していました。

 

中学まではスラッとした体型でしたが、たった半年程度で一気に肥満体型になりました。

 

好きでやっていたはずの吹奏楽も、太ってからはだるくなって退部してしまい、食べることだけが生き甲斐のようになりました。

 

学校生活が終われば痩せられると思っていましたが、セルライトになった脂肪はちょっとやそっとでは落ちず、憧れだったかっこいい社会人デビューとはほど遠く、就職はできたものの恋愛も出来ない仕事もできない悩みだらけの小太りなコンプレックス女子でした。

 

ダイエットを始めようとおもったきっかけ

 

私がダイエットを始めようとおもったきっかけは自分の好きな服が着れない悩みからでした。海外の有名下着ブランドのヴィクトリアシークレットのファンで、雑誌をみては「私もいつか着てみたい」と強く憧れていました。

 

輸入販売のネットショッピングで思いきってヴィクトリアシークレットの下着(パンツ)を購入してみて履いてみたとき改めて自分の肥満具合に気づかされました。

 

普段じっくり見ることがなかった後ろ姿や太ももは、気づけばニキビまでできていて見れるものじゃありませんでした。

 

でもおかげで、自分の身体への危機感を感じることができ、「このパンツを美しく着れるようになりたい。」と思うようになりました。そう思い始めてからは、とにかく早く体重を落としたい一心で食事制限をすることにしました。

 

ダイエットに関する知識も浅かったので、食べなければ痩せるでしょう。としか思わず、1日1食だけ摂るダイエットを決行しました。

 

結果は1ヶ月で失敗。空腹の時間が長すぎて、なにをしていても食べ物のことしか考えられなくなりました。その日のたった一回の食事を摂ってしまったあとは、明日の食事のことを考えて一日を終えるような感じです。

 

食に対する執着が強くなりすぎて、普通に食べれる友人を妬むようにもなりました。他人が咀嚼する音を聞くだけでも心底腹が腹が立つようになってしまい、精神的にも追い詰められてしまいました。

 

体重は最初のうちは減少していったのですが、その後は変化がなくむしろ浮腫みがひどくなっていきました。

 

もっとちゃんと知識をもってダイエットに取り組もうと改め、ネットや本で色々調べた結果、メジャーで即効性のありそうな炭水化物抜きダイエットを始めることにしました。

 

これは半年ほど続けることができ、体重も8kgほど落とすことができました。

 

炭水化物抜きダイエットは結果がでやすかったのでモチベーションも高く保てて、マッサージも平行して行っていました。

 

正直かなり辛い時期でしたが、このダイエットのおかげで一生取れないんじゃないかと思っていた肩や二の腕、太もものセルライトを消滅させることができ、ダイエットをやめてからも大きくリバウンドすることはなかったので成功したと言えると思います!

 

行った炭水化物抜きダイエットの方法は、お米の代わりに豆腐やこんにゃくやはるさめを主食として食べる方法です。

 

お肉などは普通に食べれるのでそこまでストレスはありませんでした。ただ仕事の付き合いでの食事で炭水化物を抜くのは結構至難の技で、炭水化物を食べてしまったことからの罪悪感から自ら嘔吐するようにもなり、過食嘔吐気味になったこともあり、潜在的に炭水化物を極度に敵と見なしてしまうような危険の潜んでいるダイエットとも言えます。

 

ただ体重の変化はしっかりでてくれて、毎月2kgづつくらい痩せていきました。マッサージはセルライトを潰すために揉みしだくようなマッサージをしていましたが、それは本当に涙がでるほど痛かったです。

 

自分ではうまくできなかったのでマッサージ用のコロコロを使いました。色んな種類のものをためしましたが、リフトレージュという遠赤外線ボディーローラーは本体部分が丈夫な作りで激しく使っていても壊れず緩むころもなく長持ちしたのでおすすめです。

 

コロコロでの激しいマッサージは内出血や青あざになることもしょっちゅうでしたが、翌日には効果がしっかりでてくれて思わず毎日写真を撮って変化を楽しむほどに、どんどんセルライトが消えてすっきりしていきました。

 

体重のリバウンドはしても、1度消えたセルライトがすぐ復活することはなく辛かったけどやってよかったな、と心から思います。

 

ゆっくり継続的に行うダイエットもありますが、私にはこれくらい毎日変化を感じられるダイエットの方が楽しく続けられました。過酷ではありますが、効果は絶対あるので度胸のある方はぜひやってみて欲しいダイエットです。

 

ちなみに私はこのダイエットで半年で8kg体重を落とすことができ、そこそこかっこよく(?!)ヴィクトリアシークレットのパンツを履くことができました。

 

その後は友達の食事の付き合いにのれないことのストレスからやめてしまいましたが、マッサージはときどき続けてやっていたおかげで大きくリバウンドすることもなく、その後もゆっくり体重は落ちていきピーク時より今はー10kgくらいを保っています。

 

ダイエットは大変で、失敗や悩みはつきものですが自分のからだについて知ることもできるし、なにかしら得るものがあると思うので、ぜひ諦めずに自分に合うダイエットを見つけて欲しいと思います。

 

一人でも多くの方がダイエットに成功することを願っています。